悩みは文字にすると9割以上解決する?初心者でもできるブログの作り方を紹介

あなたは誰かに伝えたい思いがありますか?

例えば、

・ニュースで感じたこと
・経験したこと
・勉強したこと

など。

もし、そのようなものが頭の中にあったらブログを書くことをオススメします。

ということを聞くと、

「ブログなんて難しそうだから、ムリムリ」
「文章作るのが苦手だから、ムリムリ」

と思われるのではないでしょうか。

いえいえ、誰でもできるのです。

そこで、今回は自分の思いを気持ちよく伝えるためのブログの作り方について紹介します。

スポンサーリンク

初心者でもできるブログの作り方とは?

誰でも簡単に作れるブログの作り方を知ると毎日の生活が楽しくなる

ブログの作り方を紹介する多くサイトの記事や本は「Word Press」を勧めていますが、すぐに簡単に手っ取り早く作りたい方にはオススメできません。

そこでオススメなのが、

「アメーバブログ」(アメブロ)

です。誰でも簡単に即席で作れます。

「アメブロ」って聞いたことありませんか?

そうです、あの小林麻央さんが闘病中に利用していたブログサービスです。

アメーバブログなら即席で作れる

「アメーバブログ 作り方」でググってみれば作り方の紹介サイトが多く抽出されますが、

「アメブロの作り方」

というサイトがシンプルで最もわかりやすいので、参考にしてみてください。

一記事目投稿の画面にたどりつくのに、20分もかからないと思います。

勿論、無料です。

ブログを作るメリットとは?

ブログを作ると頭や心がスッキリして毎日の生活が楽しくなるブログを作るメリットは次のとおりです。

(1) 頭の中を整理できる

自分の思いを文字にすることで、頭の中を整理することができます。

文字にする前の頭の中はモヤモヤした状態です。

例えば、あなたが将来に不安を感じているとします。

大抵、頭の中では次のようなモヤモヤが飛び交っているものです。

「仕事で失敗したらどうしよう」
「病気になったらどうしよう」
「このまま孤独だったらどうしよう」

など。

そこで、ブログに自分の思いを綴ると「何が自分を不安にさせているのか」が明確に見えてきます。

見えてきたものに応じて「不安だ。では今からどうしようか?」と問いを立ていけば、「とりあえず今は○○してみようかな」と何らかの答えが出てくるはずです。

(2) 気持ちがスッキリする

ブログに限ってのことではありませんが、頭の中のモヤモヤを文字に表してみると気持ちがスッキリするものです。

よく「悩みを誰かに打ち明けると楽になる」と言われますよね。

あの効果と同じです。職業としては精神科医やカウンセラーがその役割を担っていて、クライアントの悩みを傾聴して気持ちを楽にしてくれます。

その理由にはの中のモヤモヤが文字に変わることにより、不快な感情を打ち消してくれることが考えられます。

そのため、自分の思いをブログに投稿してみるとスッキリ感を覚えるのです。

(3) 読者と交流できるチャンスが生まれる

ブログを作ると読者と友達になるチャンスが生まれます。

アメブロで記事を更新すると新着記事に上げられますので、アメブロ利用者に読まれます。

あるいは、Google検索で偶然あなたの書いた記事が検索上位に表示され、そこからクリックして読まれることもあります。

あなたの記事を気に入った読者がコメントをする可能性もあり、コメントを通じて交流を深める機会もできます

勿論、Twitterで記事の更新の旨をツイートして友達の輪を広げることも可能です。

その点で日記と異なります。日記の読者は自分しかいないですからね。

ブログにどのような文章を書けばいいのか?

どんな文章を書くと面白くて有意義になるのかはコツをつかめばしっかりできるようになるブログを作ると言っても、文章をどう書いたらいいか難しいものです。

そこで、次のポイントをヒントにすると書きやすくなります。

(1)「明日の自分」に向けた文章にする

突然質問します。

日記や独り言って誰に向けられたものですか?

勿論、自分ですよね。

ですから、ブログに書く文章は自分に向ければいいのです。

ただ、ここで重要なのは「どんな自分」に向けるのかという点です。

「明日の自分」はいかがでしょうか。

「明日の自分」は現在より少しでも進化した自分でありたいものですよね。

「明日の自分」に向けた文章にすると必然的に未来に向かった形の内容になるのでオススメです。

(2) 小見出しから作る

いきなり文章を書き始めるのではなく、「大体こんな内容を書きたいんだけど」というものをいくつか抽出し、それを「小見出し」として設定した後で文章を書き始めると書きやすいですよ。

本をイメージしてみてください。

本は、大抵「章」や「小見出し」ごとに文章が書かれていますよね。

「章」や「小見出し」が一切なく、文章だけで埋め尽くされている本を読みたいと思いますか?

思わないですよね。実際にそんな本は見かけないはずです。

読み手としても「小見出し」があると文章全体における位置付けが理解しやすいですし、書き手としても順序立ててスムーズに書きやすいのです。

小見出しから作る例

例えば、「今日上司に叱られて辛かった経験」をテーマに書くとすると次のような小見出しを作るといいでしょう。

・小見出し1「何が辛かったのか?」
・小見出し2「叱られた原因とは?」
・小見出し3「今後改善すべき点とは?」

これらをご覧になって何か気づきませんか?

まるで自分へのインタビューのようですよね。その感覚です。

そして最後に

・小見出し4「今日の経験を確実に活かす!」

という小見出しを作り、小見出し1~3の要点をまとめてポジティブな形に締めます。

その後に、小見出しごとに文章を加えていくと全体的にまとまります。

小見出しを作るポイント

ポイントは

問いを小見出しにすること
・問いの回答を文章にすること

にあります。つまり、「Q&A」を自分で作るような要領です。

この要領なら、文章を書くのが苦手な方であっても書けるのではないでしょうか。

面談する場合でも「何でもいいので話してください」と言われるより、ある程度具体的に質問される方が答えやすいですよね。実は、ビジネス系や情報系の記事の構成は大抵それと似た仕組みがとられているのです。

「今日は上司に叱られた。辛かった。人間不信だ。会社を辞めたい。」という事実や感情の説明に終始する文章では、自分で読んでもつまらないですよね。そこから「Q&A」を加えて未来へつなげる文章にしていくと面白くて有意義な文章に大変身するので、このポイントはオススメです。

ブログであなたの思いを明日に向けて発信しよう!

数学を勉強や仕事で使うと便利な上に人生が楽しくなるここまで自分の思いを気持ちよく伝えるためのブログの作り方について紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

悩みの正体のほとんどが妄想であり、妄想のモヤモヤが頭の中にこびりつき不快な感情を溜め込むのです。

不快な感情を解消するには、ブログで「明日の自分」に向けて文章を発信するのが有効です。それには、あの小林麻央さんも利用していたアメーバブログが便利です。

これからは、あなたの思いを明日に向けて発信していきませんか?

スポンサーリンク