不満を解消する道具

不満を解消したいときどうしたらいい

今取り組んでいるものについて不満を感じることがありませんか?
例えば、

・「こんな仕事、なぜ私がやらなきゃならないんだ」
・「勉強などしても、どうせいい会社とか入れない」
・「何をやってもうまくいかない」

など。これは、まさに正常反応です。自分の思いは何らか持っているものですが、その思い通りにならないことはよくありますよね。思い通りにならないと辛く感じてしまうものです。

そんなときに効く道具がこれです。

「宇宙の意志に気づく」

この道具を使えば、不満を解消することができます。

では、「宇宙の意志に気づく」という道具について詳しく下記に紹介していきましょう。

スポンサーリンク

「宇宙の意志に気づく」で不満は和らぐ!

宇宙の意志の言葉

「宇宙の意志に気づく」という道具を使えば、あらゆる不満を和らいで解消することができます。

ここで、あなたは「宇宙の意志ってあるの?」という疑問を抱きますよね。 宇宙の意志がある否かは科学的に確かめようがありませんが、考え方の一つとしてお考えください。そこに“道具”として活用する意味があるのです。

「宇宙の意志に気づく」方法

では、「宇宙の意志に気づく」方法について紹介します。

まず、次のことを考えてみてください。

皆さん、今なぜ生きていると思いますか?

この答えを求めるのは不可能ですが、私たちがこうして生きているのはただの偶然なのでしょうか?この答えを考えるヒントとして、自分の今の立ち位置から遡ってみましょう。

まず自分が生まれたのは、親が産んでくれたおかげです。親が生まれたのも、祖母が産んでくれたおかげ。その祖母も曾祖母も・・・と遡っていくと、人間の祖先、生物の祖先、地球、そして最後には宇宙になります。

つまり、

自分 → 親 → 祖母 → 曾祖母 → 祖先 → 地球 → 宇宙

という遡り方になります。

宇宙から見れば生まれたものが次々に産み続けていったおかげで、現在において生きられていることには違いありません。そこに「宇宙の意志」を感じることができるのではないでしょうか。

「宇宙の意志」は私たちに何らかの答えを求めているはずで、それに対して私たちは何らかの答えを出すべきと考えれば必然的に解決の糸口につながります。※似た概念に「自分の心の声」というものがあり、それについても道具の記事に紹介しています。

根本思想:稲盛和夫の哲学

この道具は、稲盛和夫氏の哲学を根本思想としています。

稲盛和夫氏は次の名言を残しています。

「生命は偶然の重なりではなく、宇宙の意志による必然の所産である」
(稲盛和夫『生き方』222頁)

まさに今回紹介する道具のテーマそのものでありまして、さらにこの思想のベースは西郷隆盛の思想であり、稲盛和夫氏は西郷隆盛の思想を敬愛されています。

天と宇宙は、ほぼ同意義にとらえてよいものです。西郷隆盛の生きた時代では「天のおかげ」「天分」などをキーワードとする天道思想が重視されて自己啓発された人々が多くいて、この思想が幕末・明治維新の日本を支えました。

古来からも天の思想は神道や仏教と絡みついて、自然な形で日本人に身についています。ただ、現代では戦後改革の影響により愛国心を失うとともに天道思想も忘れ去られて「天のおかげ」という言葉を使う人があまり見られなくなりました。

現代では多くの資源に恵まれ、私たちにはあらゆるモノやサービスに対して当たり前に感じてしまいがちの傾向がありますが、資源の少しでも不足しているとトラブルになりがちで、それが不満の原因とも考えられます。現代特有の症状と言っても過言ではないでしょう。

そのため、現代の恵まれた環境に適応して生きていくには、西郷隆盛の思想を振り返って、今「宇宙の意志」に気づくときではないでしょうか。

「宇宙の意志」に気づいて生きよう!

宇宙の意志に気づく人間や子ども

ここまで不満を解消する「宇宙の意志に気づく」道具について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?不満を感じたら「宇宙の意志に気づく」という道具を使ってみてください。

自分の今の立ち位置から順に遡って、

自分 → 親 → 祖母 → 曾祖母 → 祖先 → 地球 → 宇宙

というイメージを浮かべてみると、「宇宙の意志」を感じることができるでしょう。そして、宇宙は自分に何を求めているのかについて何らかのメッセージがあるはずです。それこそが、「宇宙の意志」です。

何となくのイメージでいいので感じ取る癖を身につけて生きましょう!

スポンサーリンク