格安スマホ初心者におすすめ!大好評で便利な格安sim3選

どの格安スマホにしたらいいかわからずに迷うのでとりあえず使ってみる「格安スマホに乗り換えたいけど、どの会社がいいのかわからない」

とお悩みではないですか?

それもそのはずで、格安スマホは500社以上存在しています。

そこで、格安スマホの紹介サイトや口コミサイトなどを調べてみたところ、

・楽天モバイル
・UQ mobile(モバイル)
・mineo(マイネオ)

3事業者がオススメであることがわかりました。

ここで、あなたは次のように思うのではないでしょうか?

「それらの事業者の何がいいの?」

そのような疑問にお答えするために、今回はオススメの格安スマホ事業者について紹介します。

スポンサーリンク

評価の高い格安スマホ事業者とは?

どの会社や事業者に依頼したらよいかを判断する格安スマホの事業者のサービスにはそれぞれ特色がありますので、あなたの現在の環境に合う事業者を選ぶのが望ましいです。

どんな点で選ぶべきかと申しますと、

・毎月の通話時間
・毎月の動画やデータの送受信量
・現在の端末をそのまま使うか否か

などです。よく自分から電話をかけることが多い方は「かけ放題」をつける方がお得ですし、動画やデータの送受信の量が多ければその使用量に応じたプランがのぞましいです。

また、現在の端末の種類によってsimを交換するのみで済む場合もあります。

では、多くのサイトで評価の高い格安スマホ事業者について3つ下記に紹介します。

(1) 楽天モバイル

楽天モバイルの使い方に注意して便利に使いこなす方法
Photo by TAKA@P.P.R.S
- 楽天モバイル_9

楽天モバイルは、2017年における契約数が最も多く、

音声通話simの利用率が約27%(約4人に1人の割合)

という統計データがあります。(MMD研究所 2017年3月調べ)

楽天モバイルのメリットとは?

楽天モバイルには次のメリットがあります。

・Web・店舗、どちらでも申込ができる
・docomoのスマホであれば、格安simを入れ替えるだけで使える
・販売している端末の種類が多い
・楽天会員であれば楽天ポイントを使用料金に利用できる
・支払方法に口座振替も利用できる

楽天モバイルのデメリットとは?

一方、デメリットには、

・通信速度が不安定、かつ、遅い

という点があります。通信速度を比較してみますと、

UQ mobileが34.4Mbps、mineoが20.9Mbpsに対して楽天は6.5Mbpsですので、確かに数値的にも遅いことがわかります。(MMD研究所調べ 2017年2月)

(2) UQ mobile(モバイル)

格安スマホの紹介サイトを沢山見ていると、おすすめランキング1位にUQ mobile(モバイル)を挙げる方が多いです。

UQ mobileのメリットとは?

UQ mobileのメリットは、

・通信速度が速い
・キャリアメールがある
・データ無制限のプランがある
・auのスマホであれば、格安simを入れ替えるだけで使える
・「節約モード」でSNSでのデータ消費を抑えられる
・販売している端末の種類が多い
・サポート体制が大手キャリアとほぼ同等
・支払方法に口座振替も利用できる

UQ mobileのデメリットとは?

デメリットには次のものが挙げられます。

・料金プランが少ない
・無制限プランでデータ使用量が多いと通信速度が制限される

UQ mobileの料金プランは、3GBか無制限のどちらかのプランしか用意されていません。(2GB、6GB、14GBのプランもありますが、それらは無料通話付きのプランで電話の多い方向けのものです。)

また、無制限プランでもデータを多く送受信していると通信速度が制限され、遅くなります。この点は他事業者の容量の大きなプランに劣るものと言えます。楽天モバイルやmineoの10GBを超えるプランの方が通信速度は速いです。

(3) mineo(マイネオ)

mineoを利用するにあたって注意すべきこと
Photo by TAKA@P.P.R.S
- iPhone5c × mineo_027


mineo(マイネオ)
は2016年の格安スマホ部門で顧客満足度1位
を獲得しています。格安スマホを紹介されているサイトでは、必ずと言っていいほどmineoの名前が挙がっています。

mineoのメリットとは?

その理由は、次に挙げるメリットにあります。

・解約料が発生しない

このメリットによりいつでも解約できるので、気軽に格安スマホをお試しすることができます。

また、他にも次のメリットがあります。

・料金プランが多い
・docomo回線・au回線、どちらも対応している
・「フリータンク」からパケットを補給できる
・困ったときに「マイネ王」で他のmineoユーザーと情報交換できる

mineoのデメリットとは?

しかし、そんな魅力が多いmineoにも次のデメリットがあります。

・店舗が少ない

mineoは全国7店舗しかなく、お近くにmineoショップがない場合にはWeb申込しか手段がありません。

web申込ですと、

・申込審査に落ちて契約できない可能性
・契約できても、格安simや端末が即日入手できない

というデメリットがあります。

筆者の経験では?

筆者自身、mineoに申し込んだ経験があります。4度申込し直してみましたが、4度とも審査に落ちました。4度のうち1度はサポート店(mineoショップではありません)に足を運んでスタッフの方に申込をしていただきましたが、結果は同じでした。初めて申し込んでから5日も要しているので断念。

googleで「mineo 審査落ち」で検索してみると、対応法や経験談などの記事が沢山抽出されます。審査落ちの方が少なくないようです。

その後、「店舗なら手続き上不備があっても教えてくれるし、申込できるだろう」と思い、近くで格安スマホを扱っている店舗を検索してみたところ、家電量販店に楽天モバイルショップがあることを知りました。そこへ足を運び、申込むと45分程度で手続きが終了しました。

端末と格安simもその場で入手できましたし、その日から電話やネットも使えました。

このことにより、

店舗申込での手続きが迅速、かつ、確実

であることを痛感しました。

別の記事「格安スマホは大手キャリアと比較してどんな違いがあるのか?」でも述べましたが、いくらIT化が進んでいるとは言っても、依然として店舗申込が便利であることには変わりないと言えます。

現状の環境を把握してより安く便利にスマホを使おう!

現在の環境に合わせてスマホやネットを使いこなすここまでオススメの格安スマホ事業者について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

3事業者のメリット・デメリットについて表にしてまとめると次のとおりです。

メリット デメリット 左記により向いている人は?
楽天モバイル ・Web・店舗、どちらでも申込ができる
・docomoのスマホであれば、格安simを入れ替えるだけで使える
・販売している端末の種類が多い
・楽天会員であれば楽天ポイントを使用料金に利用できる
・支払方法に口座振替も利用できる
・通信速度が不安定、かつ、遅い ・通信速度にこだわらない人
・データ大容量のプランを検討する人

・Webか店舗で申込むことも検討している人
・docomoの端末から乗り換えようとする人
・楽天会員
UQ mobile ・通信速度が速い
・キャリアメールがある
・データ無制限のプランがある
・Web・店舗、どちらでも申込ができる
・auのスマホであれば、格安simを入れ替えるだけで使える

・「節約モード」でSNSでのデータ消費を抑えられる
・販売している端末の種類が多い
・サポート体制が大手キャリアとほぼ同等
・支払方法に口座振替も利用できる
・料金プランが少ない
・無制限プランでデータ使用量が多いと通信速度が制限される
・通信速度を重視する人
・キャリアメールを使いたい人
・Webか店舗で申込むことも検討している人
・故障時にショップで依頼したい人
・auスマホから乗り換えようとする人
mineo ・解約料が発生しない
・料金プランが多い
・docomo回線・au回線、どちらも対応している
・「フリータンク」からパケットを補給できる
・困ったときに「マイネ王」で他のmineoユーザーと情報交換できる
・店舗が少ない ・お試しで格安スマホを体験したい人
・毎月のデータ使用量でプランを選びたい人
・質問や申込などすべてWebでやりとりしたい人

現在の環境によって重要視すべき点が決まるはずですので、まずは現在の環境を把握して何を重要視すべきかを抽出してみてください。

スポンサーリンク