なぜ頑張ると疲れるのか?ちょっとしたことだけで解決できる方法を紹介!

頑張りすぎて疲れ切ってしまって寝る人 頑張ると疲れるものでありますが、なぜだと思いますか?

頑張ると疲れる原因のうち、主なものは次の2つと考えられます。

・作業の量が多すぎる
・作業に時間がかかってしまう

この問題を解決する手段の一つとして、

「人の力を借りる」

が挙げられます。しかし、この手段に対して次のように思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

・自分一人に任せてもらった方が速い
・人に頼むと貸しを作るので面倒

など。

そこで、人にお願いすることに抵抗がある方のために、今回は「人の力を借りる」方法のメリットについて紹介します。

スポンサーリンク

「人の力を借りる」方法を採らない心理とは?

精神的にストレスを抱えていて悩んでいる人「人の力を借りる」と作業を速く進めることができますが、それがわかっていても、なかなかできないものです。なぜなら、

「迷惑だと思われる」

という心理が働くからです。上記の

・自分一人に任せてもらった方が速い
・人に頼むと貸しを作るので面倒

は、実は全く根拠のない思い込みであり、「迷惑だと思われる」心理が勝手な言い訳を脳に創り出しているのに過ぎないのです。

「人の力を借りる」方法のメリットとは?

人と関わり合うことで新しい知恵に気づき発見していく考え方「人の力を借りる」方法のメリットは、作業を速く進めること以外に次のものが挙げられます。

(1) 人の得意不得意を発見する

人間にはどんな分野においても得意不得意な部分があるものでありますが、「人の力を借りる」ことによって、その人の得意不得意を発見するというメリットが生じます。

得意不得意な部分は見た目では判断できませんが、実際に頼んでみると、

・「自分より速い!」
・「自分より上手!」

という発見ができます。自分より得意なことに関しては、得意な人にやってもらう方が遥かに効率がいいです。

(2) 新しい知恵を発見する

人の力を借りると、自分にない知恵や考え方に気づくものです。つまり、

「人の力を借りること」=「新しい知恵を発見する機会」

と言えます。

自分の思っていたやり方より遥かに効率の良い方法に出会えば、作業がどんどん上達していくはずです。

(3) 頼まれた人の気分を良くする

人は頼まれると、

「他人に頼られている」

という心理になりますので、気分を良くするものです。なぜなら、人は「他人に認められたい」と思う心理的な欲求があり、その欲求を満たしてくれるからです。

ただし、中には「面倒な頼み事だな。断りたいな。」という人もいらっしゃいます。そういう人の心の中では

「何とかしてあげたいのだけど、他の用件もあって都合悪い」

というものですので、頼める内容とその人の都合を照合した上で頼んでみるといいのではないでしょうか。

根本思想:和田秀樹の「人の力を借りる」思考

他人の力を頼ることによって事業を拡大していくという知恵今回のテーマは、精神科医・和田秀樹氏「人の力を借りる」思考を根本思想としております。

和田秀樹氏は、「人の力を借りる」思考に関して著書『「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣』の中で次のことを述べています。

(1) 人の力を借りれば何倍もの成果が得られる

人の力を借りれば何倍もの成果が得られる場合が多い。
(中略)
自分の能力の限界を知り、その際に人に頼ることも含めて、どうすれば結果がいいかを考えるのは、立派な「メタ認知」である。

※引用元:『「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣』(和田 秀樹・著)99頁

「メタ認知」とは自分を客観視することであり、

「全体的に効率を上げるには自分の能力をどのように活かせばよいのか」

と見極める分析です。

「自分一人で頑張る」方法は「迷惑にならない」ように思えますが、

・残業が多い
・期限に遅れる

などのデメリットが生じるならば、かえって「他人に迷惑をかけている」結果になると思いませんか?

上記で「迷惑だと思われる」という心理が働くから「人の力を借りる」方法を採らないと述べましたが、その迷惑とは頼まれる人に対してなのか、それ以外の人に対してなのか、結局のところわかりません。

そのため、全体的に効率を上げるための手段として「人の力を借りる」方法が適しているのならば、その方法を採るべきでしょう。

(2) 別の人にとっては簡単な場合もある

自分では大変なことが、別の人にとっては簡単な場合もある

※引用元:『「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣』(和田 秀樹・著)109頁

これは、上記の「人の力を借りる」方法のメリット(1)の部分の内容ですね。人によっては得意不得意の部分が異なるので、不得意なことは得意な人にやってもらうことが仕事の基本でしょう。

例えば、パソコンの作業が苦手な人は得意な人にやってもらい、その代わり、その人の苦手なことを引き受けるという関係を構築していくことが、仕事の組織の基本的なあり方と言えるのではないでしょうか?

人の力を借りて人生の視野を広くしよう!

チームワークを構築していき事業を拡大していく知恵ここまで「人の力を借りる」方法のメリットについて紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

「人の力を借りる」と「迷惑をかける」と思いがちですが、自分一人で頑張ろうとすると「かえって、より迷惑になる」ことが多いものです。

そのため、

「人の力を借りる」=「迷惑をかける」

を、

「人の力を借りる」=「全体的なメリットになる」

という発想も必要と言えるのではないでしょうか?

また、「人の力を借りる」により、

・人の得意不得意を発見する
・新しい知恵を発見する
・頼まれた人の気分を良くする

というメリットが生じます。

これからは、人の力を借りて人生の視野を広くしていきましょう!

スポンサーリンク