生活や人間関係などのあらゆる悩みを解決する道具

人間関係などで悩む女性日々生活していると、悩みを抱えることって結構ありますよね。例えば、

・将来の不安
・仕事での失敗
・持病
・人間関係

など。あなたは、悩みを抱えている場合にどのような方法で解決しようとしますか?解決しようとするならば、次のような方法を採っているのではないでしょうか。

・我慢して耐える
・誰かに相談する
・ネットで調べる
・本で調べる

など。しかし、それでもなかなか解決の糸口は見つからないものですよね。

そこで、そのような場合に効果を発揮する道具を紹介します。それは、

「悩みは、誰かのためを第一に思うことで解決する」

です。

そう言われて、“誰かのために思うことで解決する?まさかそんなこと・・・”と思いましたか?しかし、実はこの道具こそが根本的な解決の基本的なものと言えるものなのです。この道具を使うと、従来の方法より遥かに悩みを解消しやすくなります。

では、「悩みは、誰かのためを第一に思うことで解決する」という道具について詳しく紹介します。

スポンサーリンク

「悩みは、誰かのためを第一に思うことで解決する」とは?

誰かのために役に立てることは大切な愛この道具は、文字通り「誰かのために思うこと」により、あらゆる悩みを解決するというものです。

それも「誰かのためを思う」のは第二ではなく、第一です。「誰か」を第二に置いては効果を十分に発揮できません。そこは強調しておきたいところです。

根本思想:釈迦の思想「慈悲」

この道具は、釈迦の思想「慈悲」という考え方を根本思想としています。あなたは、この「慈悲」という言葉をご存じですか?偉い方のおかげで救われた際によく「〇〇の御慈悲で」などと使われるものですが、あまり聞き慣れない言葉ですよね。

「慈悲」とはどんな意味なのか、気になりますね。そこで、国語辞典で調べてみると

・「なさけ」
・「あわれみ」
・「いつくしみ」

などと記載されていますが、昔の人の使う言葉っぽくて今一つピンと来ませんよね。実は、この国語辞典による意味は本来のものではないのです。

そこで、「慈悲」の本来的な意味について次に紹介します。

「慈悲」の本来的な意味とは?

「慈悲」は元々仏教用語で、国語辞典で記載されている意味はそこから派生したものなのです。

「慈悲」の本来的な意味は、2つの文字を分解してみると理解できます。 「慈」とは「他人に快を与えること」で、「悲」とは「他人の苦を除去すること」です。つまり、次の図式が成り立ちます。

「慈悲」=「他人への快の付与」+「他人の苦の除去」

このことから、対象者に対して「快を付与して苦を除去するために行うこと」「慈悲」と言えます。

国語辞典の意味よりこちら本来的な意味の方が使いやすいと思いませんか?

「慈悲」を日常で使用する場面例

例えば、電車の中で腰の曲がった高齢者が立っているのを見て席を譲ってあげる行為が「慈悲」です。席を譲ってあげた後にその高齢者がラクそうにしていると、譲った側も何となく気分が良くなりますよね。

この例からもご理解いただけますように、「慈悲」言葉として発するというより行動で示す方本来的な意味に近いと言えます。

釈迦の「縁起」思想も背景にある?

「慈悲」は釈迦の思想の概念の一つでありますが、その背景には「縁起」思想があります。日常的には吉凶を願う意味での「縁起を担ぐ」や「正月の縁起物」などと使われますが、釈迦の言う「縁起」はそれとは異なります。

釈迦の言う「縁起」とは、

すべてのものは相互に関係し合っていて、それ単体のみで存在するものはない

ということを言います。

このことから、すべては相互の関係を前提として存在しているため、「誰かのため」の意識がないと「自分を見失う危険性」まであると言えます。ここで言う「自分を見失う危険性」こそが悩みの正体と言えるのではないでしょうか。

悩みのほとんどは「自分の思い通りにならない」ことで、これを「自我」といいます。反対に、「誰かのため」を意識することを「他我」といいます。

「縁起」で成り立つ世界であることを理解して「他我」で生きることを目指せば、ほとんど悩みってなくなるのではないでしょうか。

誰かのためを第一にして悩みをなくそう!

誰かのために思うことは大切な人間関係構築のためであるここまで「悩みは、誰かのためを第一に思うことで解決する」という道具について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?冒頭で挙げたような生活上の悩み(「将来の不安」など)に活用してみると、自然に解決していくのではないのでしょうか。

「持病」の悩みに関しては、誰かの助けを受けることにより助けた人の気分を良くすることになります。

「仕事での失敗」の悩みに関しては、「お客様が喜ぶためにはどうしたら上手くいくのか」などの意識を持って仕事を起こっていけば自然に「仕事のできる人」になります。

このように、あらゆる悩みは「誰かのため」を意識することで「縁起」の法則により解決に向かっていくものですので、「悩みは、誰かのためを第一に思うことで解決する」という道具を日々の生活に取り入れてみることをオススメします!

スポンサーリンク