「大坂なおみの全豪オープン優勝」に学ぶスランプから脱出する秘訣とは?

2019年1月26日、ついに全米覇者の大坂なおみ選手全豪オープンも制しましたね

大坂なおみ選手のメンタルについては以前の記事で紹介させていただきましたが、今回特筆すべきなのは

精神的な落ち込みからのリカバリー

です。第2セットの途中からミスが多発して精神が落ち込み、ズルズル引きずって負ける流れになっていましたが、ある方法により精神を持ち直しました。

ある方法とは何か?

そこで、今回は「大坂なおみの全豪オープン優勝」に学ぶスランプから脱出する秘訣について紹介します。

スポンサーリンク

大坂なおみ選手に突然襲ったスランプの原因とは?

突然スランプに襲われて精神的に落ち込み立ち直れない女性大坂なおみ選手は第1セットを勝ち、第2セットでマッチポイントを得た状況から突然スランプに陥り、セットポイントを奪われてしまいました。

あなたはなぜだと思いますか?

試合後、大坂なおみ選手は次のように話していました。

「マッチポイントで気が散ってしまった。勝つ前に勝ってしまったと思ってしまった。」

勝利目前での油断ですね。勝負事にはありがちで逆転負けしやすいパターンです。

大坂なおみ選手の場合は、勝利目前で集中力を欠いてしまい、ミスが多発して精神的に追い込み、しばらく元の精神状態に戻ることができませんでした。

このパターンは、仕事でもありうる話です。

例えば、「この仕事はそんなに時間がかからない」と判断して後回しにしたら、予想外に別の仕事がポンポン入り込んできて、後回しにした仕事が手つかず仕舞いになるパターン。

「 “楽勝だ” となめてかかると失敗しやすい」ということに気づける、いい教訓です。

大坂なおみ選手はスランプからどう脱出したのか?

スランプから脱出して精神を持ち直して元気になった女性大坂なおみ選手は第3セットに入ってもスランプが続いていましたが、2ゲーム目から脱出することができました。

なぜだと思いますか?

それについては次の掲載記事をご覧ください。

トイレットブレイクを挟んだ最終セットでは別人のようなプレーの連続。「(休憩中に)私は世界で1番強い人と戦っていると考えました」とクビトバへの敬意の念を思い起こすことで気持ちを切り替えたという。

再びつかんだマッチポイントでは「2セット目は失敗してしまったという思いがあった。とにかく自分の感情を抑えて同じ間違いをしてはならないと思った」と冷静に勝ち切った。

※引用元:2019年1月27日付けスポニチアネックス報道記事「大坂なおみ 第2セット失った後、思い起こしていた“クビトバへの敬意”」より

注目すべき点は、

「相手への敬意の念を思い起こすことで気持ちを切り替えた」という部分

です。

通常、スランプに陥ったときは「どうやったらこの状況から切り抜けられるのだろう」って思い悩みますよね。そのときは心が自分に向いています。

心が自分に向いていると次第に自信を失い、勝負を諦めがちになります。

心を他人に対して向けてみる

そこで、心を自分にではなく他人に対して向けてみるといいのです。

すると次のように気持ちが変わってくるはずです。

「自分が弱いのではない。相手が強いのだ。」

最終的には次の思考にたどり着きます。

「相手にとって不足はない」(高レベルの相手と戦え、手応えがある。)

この思考ならば挑戦意欲が生まれますよね。挑戦自体が価値あるものに変わるわけですから。

大坂なおみ選手のスランプ脱出を実生活に活用してみると?

スランプの脱出方法を仕事や恋愛などの実生活に活用してみるとスムーズに上手くいく上記で紹介した方法は勝負事に限らず、実生活にも活用することができます。

では、具体例を下記に挙げます。

仕事で活用してみると?

仕事のスランプはよくありますよね。

・失敗ばかりのスランプ
・上司に叱られてばかりのスランプ

など。

仕事のスランプに陥ると「自分はこの仕事に向いていないのかな」などと自信を失って会社を辞めようと思うのではないでしょうか。

そこで、大坂なおみ選手のスランプ脱出を活用して次のように切り替えればいいのです。

「自分ができないのではない。なぜなら、できない仕事を任せられるわけがないのだから。」

「その人にできる」と他人に判断されているからこそ、その人に特定の仕事を任されているのです。そのことを忘れてはなりません。仕事はできる人に回す方が効率的ですからね。

このことにより「仕事がもらえる=期待されている」と解釈できますから、たとえ失敗したとしても「お前はもう仕事しなくていい」と言われない限りは他人の期待から外れていないわけです。

恋愛で活用してみると?

恋愛のスランプと言えば、失恋ですね。

突然「別れましょう」と言われるとショックで落ち込むものでありますが、その場合にも心を自分に向けるのではなく相手に向けるといいのです。

この場合の「心を相手に向ける」とは「フラれたのは自分の性格に問題があったのではなく、相手に何らかの事情があったからだ。」などのような解釈をすることです。

デブ専の人は細い人に関心がないですし、犬が苦手な人は犬好きな人が苦手です。

相手の関心の生じない部分については、リカバリーのしようがありません。

ですから「相手にとって不足はない」というより「戦う相手が悪かった」ということになりますが、いずれにしても心が相手に向いていれば自信を失うことはありません。

スランプに陥ったときは大坂なおみ選手を思い出そう!

スランプに陥ったときはテニスの試合を思い出すと切り替えられるヒントに気づく
ここまで「大坂なおみの全豪オープン優勝」に学ぶスランプから脱出する秘訣について紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

「大坂なおみの全豪オープン優勝」に学べるのは、

落ち込んだときは心を他人に向け、敬意の念を思い起こすことで切り替えられること

です。

大坂なおみ選手は自身の弱い精神面を相手へのリスペクトにより苦境を乗り越えることができました。

これは特別な人だけができることではなく誰でもできることです。

これからはスランプに陥ったときは大坂なおみ選手を思い出してみましょう!

スポンサーリンク