努力をしてもうまくいかない?仕事や勉強などに効く方法を紹介!

上手くいかないと思ったら
一生懸命に何かを取り組んでいるけど一向に上手くいかないことって、結構ありませんか? 例えば、次のようなことです。

・何か月も営業してきたけど、お客様が全く来ない。
・いつも勉強しているけど、成果が出ない。
・職場や友人、家族などとトラブルが絶えず、人間関係で上手くいかない。

など。

そんなときに効く道具が次の考え方です。

「情報を制すれば、すべてを制す」

では、この道具について詳しく下記に紹介していきます。

スポンサーリンク

「情報を制すれば、すべてを制す」で上手くいく!

情報を制する分析「情報を制すれば、すべてを制す」を実生活に取り入れると上手くいくことが多くなります。ここで重要なのは「情報を制する」です。

「情報を制する」とは、

・情報の分析
・対策を考える
・考えた策を実行する

の3つを行うことにより、上手くいく結果にしていく戦略です。

流れは、次のようなイメージです。

問題発生 → 分析 → 対策 → 実行 → 成果

例えば、日ごろの自分の頭の中にある考えは、結果に結びついているものですか?もっと言えば、そのせいで良くない結果をもたらしている可能性も否定できないのでは?

情報を制する例

では、冒頭に挙げた例で情報を分析してみましょう。

営業が上手くいかない場合の例

分析してみると? :(例)お客様のニーズに合っていないこと。

対策は? :(例)お客様のニーズに合う事業に変える。

勉強が上手くいかない場合の例

分析してみると?: (例)「勉強なんかしても、将来役に立たない」なんてことを心のどこかで思っていること。

対策は?: (例)使える知恵を実行することにより、人生を生きやすくすることを知る。 そのために、勉強が必要だと意識する。

人間関係で上手くいかない場合の例

分析してみると?: (例)「相手は自分のことを理解しようとしない」と思っていること。

対策は?: (例)自分が相手を理解することに努めて、よく相手の話を聞く。

上記の例から言えることとは?

以上のように簡単な例ではありますが、実際には分析して出てきた情報というのは一つでないことがほとんどです。ここで重要なのは、このように考える過程が必要不可欠だということです。この過程なしに、問題解決は避けられません。

根本思想「彼を知り己を知れば百戦危うからず」

この道具には「彼を知り己を知れば百戦危うからず」という根本思想があります。この言葉は、中国の古典『孫子』にあるものです。

意味は、敵についても味方についても、よく情勢を把握していれば、どれだけ戦っても負けることはないです。敵・味方の情勢というのは、現代ではありとあらゆる情報のことです。

「情報を制すれば、すべてを制する」を実生活に取り入れよう!

情報を分析して実生活に取り入れる
ここまで上手くいかない場合に効く道具について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?上手くいかない場合には、

・情報の分析
・対策を考える
・考えた策を実行する

の3つを行えば、必ず良い結果につながります。上手くいかない悩みになった方は、「情報を制すれば、すべてを制す」を是非道具に使ってみてください。

スポンサーリンク