原稿を見ないで緊張せずに堂々と人前でスピーチする方法とは?

原稿を読みながらスピーチする人の話は聞き手の心には響かないあなたは大勢の前で何かを話すとき、原稿を見て話していませんか?

確かに、原稿を見ながら話すと間違う確率は少ないです。

しかし、聞き手に伝わる確率はそれ以上に少ないです。このことについては、心理学者メラビアン実験で次のことを示しています。

話し手の伝える手段 聞き手に伝わる割合
身振り手振り・表情(視覚刺激) 55%
声の調子・音量・アクセント(聴覚刺激) 38%
発言の内容(言語刺激) 7%

このことから、

「原稿を見て話していては、ほとんど伝わらない」

ということが実験の結果により判明しています。

すると、原稿を見ずにどのようにスピーチしたらよいものか、気になりますよね。

そこで、今回は張せずに原稿を見ないでスピーチする方法のヒントについて紹介します。

スポンサーリンク

「原稿がないと不安」は幻想?

脳のかけらを吸収し、能力を高める大勢の前で話す場面は緊張するので、「原稿がないと不安」と思う方が多くいらっしゃるでしょう。中には原稿に「えー」や「あのー」まで入れている方までいらっしゃるほどです。

大勢の前で話す不安は、「失敗したくない」という気持ちの表れと考えられます。

ただ、よく考えてみると、そもそも原稿を見ながらのスピーチはほとんど失敗のはずです。なぜなら、冒頭でメラビアンの実験により申し上げたとおり、聞き手の心にはほとんど響いていませんから。

言わば、「失敗しているのに失敗に気づいていない」という現象でありながら、「不安」を抱えている状況と言えます。

つまり、

「原稿がないと不安」は幻想

と言える余地があるのです。

不安を取り除く心構えとは?

上述のとおり、大勢の前で話す不安は「失敗したくない」という気持ちの表れですので、「失敗したくない」という心構えが「大勢の前で話す不安」を作り出しているとも言えます。そのため、「失敗したくない」心構え自体を変える必要があります。

それには、

「聞き手に伝わること」への意識を持つこと

が必要と考えられるのではないでしょうか? 原稿を用意する方は聞き手のことよりも自分の話し方に対して意識を強くしているのですが、その意識を「自分に」ではなく「聞き手に」意識を向けることが重要と考えられます。

そもそも「失敗したくない」というのは、「下手なことを言って恥をかいたらどうしよう」という思いに由来するものですよね。

しかし、下手なことを多少言った方が、聞き手の心に響きます。なぜなら、下手なことの中に人間的な表現が含まれていますから。

下手なことを言って聞き手の心に響いた例として、サッカー日本代表の本田圭佑選手が「清々しい」を「きよきよしい」と心境を語っていたインタビューが挙げられます。

あの答え方には「言葉を知らない人だ」との嘲笑混じりの批判もありましたが、間違いなく言えることはすべての戦いを終えた後の気持ちの良さが自然な形で聞き手に伝わったということです。

「相手にどう伝わるか」が重要

このことから、重要なのは、

「自分が何を話すか」ではなく「相手にどう伝わるか」

だと考えられます。自分にとって素晴らしいと思った内容を話したとしても、相手に伝わるとは限りません。なぜなら、聞き手の価値観は各自違うからです。

例えば、日本人が外国人に日本語で話しても伝わるとは限らないですよね。もし伝わらない場合、あなたはどうしたらいいと考えられますか?

あなたに英語を話す技術がなければ、

・身体を使ってジェスチャーをする
・絵や文字を使って示す

などの方法が考えられますよね。

何より外国人が特に気にしているのは、アイコンタクトです。アイコンタクトで聞き手に伝わるようにするには、感情を込めることが重要ではないでしょうか。なぜなら、感情を込めると目の動きにも、その感情が自然に表れてきますから。

ちなみに、抱えている感情の動きにより、目の瞳孔が大きくなったり、目が左右や斜めに動いたりするため、それが相手に見てとれますこの点で考えてみても、原稿を見ながらのスピーチでは相手に感情が伝わらないというイメージができますね

原稿を見ないでスピーチする方法とは?

人前でスピーチするには原稿を読まない方が聞き手の心に響く上記では「相手にどう伝わるか」が重要であることについて紹介しましたが、ここまで読んでいただければ

「スピーチの準備 = 話す内容の暗記」ではない

ということについてご理解いただけるでしょう。

ただ、そのように申しますと「暗記せずにどうやって話す内容を準備しておくの?」という疑問のツッコミも想定できます。

確かに「原稿を見ない」とは言っても、話す内容の整理のためのメモは用意しておく必要があります。ただ、そのメモは、スピーチの際には使わず、あくまでも内容の整理のみの目的で使うべきと考えられます。

そこで、スピーチの内容の整理と準備の方法については、以下の手順のとおり紹介します。

(1) 大見出しを作る

まず、大見出しをいくつか作ることが必要と考えられます。

例えば、家族のことを話すのであれば、

・家族の性格について
・家族の活動について
・今後の展望について

などと大見出しを作ります。

(2) 小見出しを作る

次に、大見出しごとに小見出しを作ることが必要と考えられます。

例えば、大見出し「家族の性格について」であれば、

・親の性格について
・兄弟の性格について
・子の性格について

などと小見出しを作ることです。

(3) キーワードを設定する

キーワードを設定しておくと話の内容を整理しやすくなり文章も書きやすくなる小見出しの次は、小見出しごとにキーワードを設定することが必要と考えられます。重要なポイントは、

文章ではなくキーワードをメモする

ことです。なぜなら、章にすると「それを読まなければ」という意識に変わってしまうからです。その意識が働くと棒読みの話し方になりやすく、棒読みはお経とほとんど変わらないので、聞いている方は眠くなります。

それをキーワードのみのメモにしておけば、「だいたい、このようなことを話せばいいだろう」という意識になりますし、何より重要なポイントはキーワードとキーワードとの間に“あなたの普段使っている言葉”でつなげることができるということです。

なぜなら、聞き手は“どこかで聞いたことのあるような話”など聞きたくなく、新しい刺激を求め、話し手独自の言葉で話すことを期待しているからです。

勿論、著名人の格言やエピソードを借用することも場合によっては必要なこともあるでしょう。ただ、その際にも

・あなたでこそのキーワード
・あなたの普段使っている言葉

が内容に含まれていると人間味があって好感持てます。

(4) リハーサルをして不自然な点を修正する

勿論、スピーチの準備にはリハーサルも必要で、この点は言わずもがなのことでしょう。ここでは、リハーサルにおいて重要な点を確認しておきましょう。

リハーサルにおいて重要な点は「修正すべき点の発見」であることについては異論はないでしょう。

ただ、問題なのは「何を修正すべきなのか」です。

例えば、キーワード「太陽 地球」を内容整理の際にメモしたとして、リハーサルで「太陽が地球を近づいて」と言ってしまって変な話し方になったと気づいたとします。その場合には

「太陽 地球」 →「太陽 地球に」

とメモを変えることが望ましいです。このように実際に話してみて違和感があるか否かを確認しておくことはリハーサルにおいて特に必要と考えられます。

つまり、リハーサルで必ず確認すべきことは「話す内容を覚えられたかどうか」ではなく、「どれだけ自然な形で言葉が口から出てくるか」にあるものと考えられます。なぜなら、聞き手は「原稿を正確に言うこと」よりも

・自然な話し方
・独自の言葉・考え方

を無意識に話し手に対して求めているからです。

リハーサルの微調整には?

そして修正の必要がほぼなくなった段階で、時間を測ってみることをオススメします! 話す時間の目安と比較して大きく前後するようであれば、適宜、言い回しやキーワード、大小の見出しを増減させて調整することが必要です。

また、特に聞き手に伝えたい部分があれば、リハーサルの際にその部分にアクセントをつけると効果的です。

例えば、「チーム一丸となって頑張ることも大事なんですが、優勝、優勝がなければ意味がないんです!」とアクセントをつけると、それを聞いた人は「優勝したい気持ちが強いんだな」と思いますよね。

そのため、アクセントで抑揚をつけるのも重要だと考えられます。

原稿の朗読者より、心のメッセンジャーになろう!

心を解き放ち相手の心とリンクさせて心のメッセンジャーになって幸せになる人ここまで緊張せずに原稿を見ないでスピーチする方法のヒントについて紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

今まで“原稿の朗読者”だった方は、

「聞き手に伝わること」への意識を持つこと

で、あなたの心と聞き手の心がリンクしてくるはずです。話し手と聞き手の両者の心がリンクすれば、話し手は「心のメッセンジャー」になります。

そこで、「心のメッセンジャー」になるには、

・大小の見出し
・キーワード
・あなた独自の言い回し

の3つを準備しておくことが必要と考えられます。

下手なことを話す不安については、抱えていても仕方ありませんし、出るものは出てしまいます。どうしても不安が解消されないときは本田圭佑選手の「きよきよしい」を思い出してみると、少しは不安も軽減されるのではないでしょうか。

また、「上手く話そう」というより「心と心をリンクさせよう」という意識で話す方が、人間的な要素が伝わりやすくて好感持てます。

プロのナレーターのように上手く話されても内容がつまらなければ、下手なことを言って聞き手の耳を傾けさせた素人の話の評価の方が遥かに高いです。

これからは「心のメッセンジャー」を目指していきませんか!?

スポンサーリンク