小林麻央さんが私たちに遺してくれた「人生に大切な2つのギフト」とは?

2017年6月22日夜に、人気キャスターの小林麻央さんが34歳の若さでお亡くなりになりました。「2年8ヶ月の乳がんとの闘病生活、お疲れ様でした」と言いたいです。

小林麻央さんは私たちに「人生に大切な2つのギフト」を遺して旅立っていきました。今回はそのことについて紹介します。

スポンサーリンク

小林麻央さんが遺してくれた「人生に大切な2つのギフト」とは?

百合の花を捧げて壮大な生死を遂げる小林麻央さんは次の2つのギフトを私たちに遺してくれました。

生きる勇気

普段、生きることに勇気など要らないはずです。しかし、麻央さんのことを思い出すと

「私がこんなに頑張ったんだから、あなたはもっと頑張れるはずです!」

と彼女に励まされる感じになります。ご自身でもブログの中で、次のように仰っていました。

自分と同じ薬を投与して、ご飯が食べられなくなってしまった患者さんのことを知って、苦しいのは私一人だけではないんだ。
たとえ会ったことのない人でも一人ではないと思えるときとても救われます。

※引用元:小林麻央のオフィシャルブログ『KOKORO』より

人は色々な悩みを抱えるものでありますが、自分と同じように苦しんでいる人、あるいはもっと苦しい人がいることを思うと「苦しいのは自分一人だけではない」ことに気づきます。そう思うだけでも心がフッと軽くなりませんか?

そこから生きる勇気が湧いてきます。

愛の大切さ

夫・海老蔵さんが記者会見で次のように仰っていました。

一言 “愛している” といって、本当にそれでそのまま旅立ちました。

普段、“愛している”という言葉をかわさずに生きている人には違和感があるでしょうが、麻央さんの家族にとっては日常語のようなものです。

麻央さんのブログを読むと、息子さんもこの言葉を使っている様子が見受けられました。外国人のような会話ですが、気持ちがダイレクトに伝わる素敵なコミュニケーションです。

また、海老蔵さんは次の言葉も仰っていました。

どこまでも自分より相手のことを思う気持ち、これが一番多かった

結婚が決まったときの報道の際に、海老蔵さんが麻央さんの人柄について「心が美しい人です。」と仰ってたのが印象的です。麻央さんのブログには闘病生活や子供たちとの様子などの画像があり、家族への愛が窺えます。

麻央さんは、相手のことを思う気持ち(愛)の大切さも私たちに遺してくれました。

人生辛いことがあったら小林麻央さんを思い出そう!

人生どんなに辛くても麻央さんの闘病生活のことを思うと「生きる勇気」が湧いてくるのではないでしょうか。「麻央さんは強く生きていたね。それに比べれば、自分の今抱えている悩みなど大したものではない。」と感じられると思います。

また、相手を思う気持ち(愛)の大切さも思い出されます。人は他人の子の写真を見て「幸せそうだな」と思うものでありますが、そう思うときこそ愛の大切さを感じる瞬間でもあります。

これからは、時々麻央さんの闘病生活を振り返ってみて

「生きる勇気」
「愛の大切さ」

を思い出し、心を洗ってみませんか。麻央さんへの供養にもなります。

スポンサーリンク