人付き合いに自信のない人は必見!「友達や恋人の作り方」のヒントとは?

友達や恋人がいないと寂しい感じがしますよね。

しかし、友達や恋人を作ろうと思ってもなかなかできない場合があります。

その原因は「自分に魅力がないから」だと思いますか?

いいえ、原因は別にあります。

そう言われると「何だろう?」と気になってきますよね。

そこで、今回は友達や恋人を作るためのヒントについて紹介します。

スポンサーリンク

友達や恋人を作るのが難しい原因とは?

一人寂しい気持ちに浸っている人まずヒントを紹介する前に、友達や恋人を作るのが難しい原因について触れます。

考えられる原因は次の2つです。

(1) 自己中心的な態度

自己中心的な態度でいると人間関係の構築は難しいです。

あなたは、人間関係の構築には何が重要だと思いますか?

主として考えられるのは、他人のためになることをすることです。

自己中心的に物事を見ていては他人のニーズが見えないので、結局自分のためになることしかできません。

その状態で他人に働きをかけても、お節介になったり、見返りを期待したりするだけで、結局他人に疎まれます。

そうならならないために、他人のためになることをすることが重要です。

(2) 他人にとってのメリットがないこと

メリットなしには人間関係が構築できません。

なぜなら、人はメリットの有無で動き、メリットのない場には近づこうとしないからです。

例えば、会話していても面白くない人とは友達になろうと思いませんよね。「会話が楽しい場」はメリットになりますが、そうでない場合はメリットにならならず、人は近づこうとしません。

また、

・転校や卒業(学校)
・転職や退職(会社)

においても人間関係を継続していくメリットがなければ、必然的にそれまでの人間関係はなくなります。

実は、この「メリット」こそが友達や恋人作りのヒントになるのですが、それについては後述します。その前に、次の立場の方の話についてご覧ください。

定年退職者の話では?

定年退職者は友達がいなくて寂しい老後を送っている人が多い定年退職者は次のようによく言います。

「現役を終えた今では、ゴルフや飲みに付き合う仕事仲間がいなくて寂しい」

と。

会社での人間関係は何でつながっていると思いますか?

社員同士のコミュニケーション?

それもあるでしょうが、社内外不問で99%が仕事の依頼関係です。

仕事の依頼関係にこじれが入り込むと会社に居づらくなるので、社員は仕事の依頼関係の維持や向上のために必死になります。そのためにゴルフや飲みに付き合うことで自分の時間を割くことに惜しみません。

退職すれば仕事の依頼関係がなくなります。それは「他人にとってのメリット」を失うことになりますから、現役でつながっていた人間関係も必然的になくなります。

このように、人間関係はメリットありきで成り立っています。

失恋者の話では?

恋人と別れたばかりの人は次のようによく言います。

「恋人と別れて寂しい」

と。

なぜ恋人は別れるのでしょうか?

愛が冷めるから?

それもありますが、ほとんどの原因は付き合い始めに感じていた「新鮮味」がなくなることにあります。

つまり、恋人関係にとっては「新鮮味」がメリットになります。

ですから、恋人関係を長期に継続していくには次々に「新鮮味」を用意していくことが必要です。

友人関係の場合は?

友人関係では、恋人関係のそれは必要ないですよね。

例えば、友人と話をする際に過去に話した内容を持ち出す場合がありますが、その話には「新鮮味」がありませんよね。しかし、その話で盛り上がったりします。

では、友達を作る場合のメリットは何でしょうか?

それについては次の本題の中でまとめて紹介します。

友達や恋人を作るためのヒントとは?

友達や恋人を作るには一緒にいてもらえるメリットが必要で、それがあれば良い人間関係を構築していくことができる上記で「メリットなしには人間関係が構築できません」と述べましたように、友達や恋人を作るにはメリットが必要です。

ここで言うメリットとは「あなたと一緒にいてもらえる要素」です。

「あなたと一緒にいてもらえる要素」は何だと思いますか?

考えられるのは次のいずれかです。

(1) 心の癒し

「心の癒し」があれば一緒にいてもらいやすいです。

その際の気持ちとしては

「この人と一緒にいると落ち着く」

というものです。

相手を癒すことができる人になると友達や恋人は自然に寄ってくるでしょう。

(2) 信頼

友達や恋人を作るには「信頼」も必要ですね。

信頼というのは、

「困ったときに、この人なら助けてくれるかも」

と思わせる安心感です。

ただ、そのように相手に思わせるために実績を作る必要があります。

実績とは、

・相手の負担を軽くすること
・相手の秘密を守ること
・相手の危険を回避すること

などです。

このような実績を積み上げていくことで信頼が厚くなり、固い絆が結ばれていきます。

(3) 有意義な共有時間

友達や恋人を作るには「有意義な共有時間」も必要です。

有意義な共有時間とは、

「有意義なひとときを過ごした」と思える時間

です。

人は誰でも自分の時間を奪われたくないものですが、自分の時間を奪われない範囲で他人と共有することは可能です。

自分の時間を奪われない範囲とは、具体的には

・仕事の時間
・食事の時間
・趣味の時間

などが挙げられます。

仕事の時間であれば、上記(2)と組み合わせること
食事や趣味の時間であれば、上記(1)と組み合わせること

で相互に有意義な時間を共有できるのではないでしょうか。

相手にとってのメリットを沢山用意して人間関係を構築しよう!

相手のメリットになることを多く用意すれば自然に良い人間関係を構築していくことができるここまで友達や恋人を作るためのヒントについて紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

友達や恋人を作ることは人間関係を構築することと同じです。

そのため、「友達や恋人を作る方法」というより「人間関係を構築するための方法」を考えていくことが友達や恋人を作るためのヒントになります

人間関係を構築していくには

相手にとってのメリットになるものが必要

と考えられます。

相手にとってのメリットになるものについては、具体的に次のものを紹介しました。

(1) 心の癒し
(2) 信頼
(3) 有意義な共有時間

友達や恋人がいなくて寂しい思いをしている方は、相手にとってのメリットを沢山用意していただくことをオススメします。

スポンサーリンク