生きる意味に気づくヒントの記事まとめ

これまで生きる意味に気づくヒントに関する記事についていくつか紹介してきました。

今回は生きる意味に気づく道具カタログとして下記にまとめてみましたので、気になる記事がありましたら記事タイトルをクリックしてお読みください。

スポンサーリンク

生きる意味に気づくヒントの関連記事

「生きる意味がわからない場合はどうする?哲学者の考え方をヒントに紹介!」

生きる意味を問うなら哲学が打ってつけ。

あなたは「生きる意味=最初からあるもの」と思っていますか?

肯定すると、哲学者サルトルに「君はモノと同じだね!」と喝破されます。

サルトルは甘えた考え方を壊し、強く生きていける考え方を提唱してくれます。

そんなサルトルの思考回路を追体験できる記事です。

「なぜ生きる意味が分からないときに『ONE PIECE』の名言が役に立つのか?」

アニメのセリフは侮れません。作者・尾田栄一郎氏の哲学が散りばめられています。

人間、特に絶望的な状況に追い込まれたときに生きる意味を問うものでありますが、『ONE PIECE』の登場人物がさらっとつぶやきます。

しかも、シンプルなものであるだけに心に刺さります。

きっと、あなたの視界を変えることになるでしょう。

「映画『いま、会いにゆきます』には生きる意味がわからないときのヒントがある?」

『いま、会いにゆきます』はファンタジー映画ですが、生きる意味を問う哲学が散りばめられています。

あなたは自分の運命を愛することができますか?

肯定することは簡単でありませんが、登場人物・秋穂澪がその重要性について気づかせてくれます。

そこに隠された生きる意味に気づくヒントを紹介している記事です。

「小説『異邦人』ムルソーに学ぶ「悩む時間の無駄」を9割減らす方法とは?」

小説『異邦人』の主人公・ムルソーも、生きる意味の取り扱い方について教えてくれます。

気づくだけでなく、悩む時間のダイエットができます。

悩む時間メタボの人にはオススメの記事です。

「自殺は現実逃避手段の誤り?人生に絶望したときに役立つヒントについて紹介!」

自殺者のニュースを聞くと「なぜ自分で命を絶つのか」について考えさせられますよね。

生きる意味は自殺者に学べる側面もあります。絶望したときに「自殺以外に道がなかったのか」と。

そもそも、どのような死生観を持てばいいのか、43歳で命を絶った女性研究者の生き方を通じて生きる意味を問う記事です。

スポンサーリンク