嫌味を言われて不愉快に感じたときの対処法とは?人間関係を良くする方法を紹介!

嫌味を言われて不機嫌で不愉快な気分になっている人嫌味を言われて不愉快になることはありませんか?

嫌味には例えば、

「そんなこともできないとはまだまだだな」
「あなたって気が利かないですね」
「細かい人ですね」

などの色々な言葉があります。どれを言われても気持ちのいいものではありませんよね。

そこで、不愉快な気持ちにならなくする道具を紹介します。それは、

「外見の評価を下げる」

です。嫌味を肯定して相手の気分を良くする方法でありますが、肯定したあなたは精神的な立場が優位になるため相手より数倍気分が良くなります。

では、「外見の評価を下げる」という道具について詳しく紹介します。

スポンサーリンク

「外見の評価を下げる」とは?

 外見の評価を変えると他人の目に映る印象が変わる他人の目に映る評価がそのまま「外見の評価」になり、それを自ら下げておくことで何を言われても嫌味に聞こえなくなります。

例えば、「そんなこともできないとはまだまだだな」と言われた場合には、

「ご指摘ありがとうございます。本当に私はどんなに勉強をしても大したことはありませんので、これからももっと勉強します。」

と答えておけばいいのです。そう答えておけば嫌味を言った人間は優越感に浸れるばかりでなく、あなたの方も相手より精神的に優位な立場に立てます。

なぜなら、本音でない言葉なのに相手が本音だと信じ込んでいる様子を見てあなたはニヤリと内心で笑えるからです。

嫌味には本音で対抗すると損ですので、逆に相手の嫌味に乗っかって「心にもないこと」で返すことが望ましいです。

ただ、どうしても本音を発したい場合は日記に書いて吐き出してください。

「自己評価」を下げなくてもいいのか?

「外見の評価」を下げても「自己評価」を下げる必要はありません。

というより「自己評価」はどうやっても下げられないでしょう。人は皆「自分だけは特別な存在だ」と思っているものですから。そう思わなければ、誰が自分の人生を生きるのでしょうか。

「私は愚かだ」と意識を強くしたところで「そう意識をしたが意識しただけであって、本当はそうでもない」と無意識では思っているものです。

理解力のない人ほど態度が大きいですよね。

理解力がないために自分がどんな状況に置かれているかも理解できず、「自己評価」が下がりません。そのため、普通レベルの理解力の人より「自己評価」が高く、態度が大きくなるのです。

そもそも嫌味を言う人の心理とは?

希望を持つと失ったときに失望感が大きくてストレスを抱えて落ち込む人がいる心理嫌味を言う人には “ある心理” があります。それは、

「他人よりも優位な立場でありたい」

というものです。その心理で快感を得たいために「嫌味を言うこと」を道具に使うのです。

あなたは「他人より優位な立場でありたい」と思っている人をどんなイメージで捉えられますか?

少なくとも考えられるのは、自身について「優位な立場にはない」と思っている人です。言い換えれば、

現在の自分を本来の自分と思っていない人

です。しかし、本来の自分というものは幻想でしかありません。つまり、幻想を追っている人なのです。

このような人に対して同情まではしなくとも、軽く持ち上げる程度のことはしてあげるといいでしょう。すると、対等な関係を持つことができ、良い人間関係が構築されていくはずです。

嫌味とプライドは関係がある?

嫌味を言う人も言われて不快に思う人にもプライドがあり、傷つくことを予防するために口論になる「優位の立場でありたい」と思うことからプライドが生じますので、嫌味とプライドは関係していると言えます。

また、嫌味を言われて不愉快に思う人にもプライドがあります。なぜなら、不愉快に思うのはプライドの傷つくことが原因の一つと言えるからです。

あなたはプライドが傷つくのはどんなときだと思いますか?

基本的には自己評価が下がるときにプライドが傷つきます。自己評価が下がるときは「なんだ。自分ってこんなにできない人間なんだ」と落胆するときです。

嫌味を言われたときは、一般的には自己評価が下がる可能性があります。

例えば、「そんなこともできないの?」と言われて内心で「自分って他人より能力が劣っているかも」と思うものです。

この時点で自己評価が下がってプライドが傷ついているのですが、そこからプライドの傷を軽減させようとして「いや、そこまで能力は低くない」反発する気持ちに切り替えようとします。

これが嫌味に対して不愉快に感じるメカニズムです。最終形は反発心であり、これが不愉快な感情です。流れを矢印にすると次のとおり。

嫌味を受容 → 落胆 → 自己評価ダウン → プライドの傷 → 傷を軽減するために反発

平常時のプライドの維持の仕方とは?

しかし、平常時は「自己評価を保っておきたい」と無意識に思っているもので、それがプライドの源泉となり、プライドを維持していこうとします。

ですから、プライドを傷つけたくないのであれば「外見の評価」を最低レベルに落としておけばいいのです。「自分は地球上のゴミにもならない存在だ」と。

そうすれば「お前はゴミだ!」と言われても、自分ではそれよりも下位の評価をしているので傷つくことがありません。

あなたの決めた「外見の評価」が「自己評価」を下げずに守ってくれるのです。

嫌味にはやさしく対応して人間の輪を広げていこう!

嫌味を言う人間にも手を差し伸べるくらいの余裕を持てば人間的な成長が遥かに大きくなるここまで 「外見の評価を下げる」という道具について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

嫌味を言われたからと言って、自己評価を変えようとしなくてもいいのです。なぜなら、嫌味を言う人は「他人よりも優位な立場でありたい」と思っているだけですから。

だったら、その評価を肯定して嫌味を言う人の気持ちを良くしてあげればいいのです。

あなたがそうすることで嫌味を言う人に対して「それで満足したか?」と内心で思うようになれば、あなたの人間レベルは数段アップしています。

一々嫌味に対して真面目に本音で対応しても相手は聞く耳を持ちませんので、「外見の評価」を下げてその場をやり過ごしましょう。

そうしていくと、嫌味を言う人も徐々にあなたを見る目を変えていくのではないでしょうか。

スポンサーリンク